Schedule公演スケジュール

二十代、新たなステージを歩み出した気鋭のピアニストの「現在(いま)」を聴く。

牛田智大 ピアノ・リサイタル 2020 ~ドラマティック・ショパン~

  • Facebookでシェアする
日時
2020年11月26日(木)19:00開演(18:15開場)
会場
京都コンサートホール 大ホール
料金
¥3,500 (全席指定/消費税込)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、チケットは1席ごとに座席の間隔を空けて販売致します(複数枚ご購入のお客様は、同行者の座席と大きく離れる場合があります)。
なお、今後の状況によっては、未販売の座席を追加販売する場合があります。
また、ご購入の際は、氏名と電話番号を必ずご登録下さい。
来場者から感染者が発生した場合、登録された情報は保健所等の公的機関へ提供されます。予めご了承下さい。
発売日
発売中
発売場所
京都コンサートホール 075-711-3231
チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:186-148]
ローソンチケットhttps://l-tike.com/ [Lコード:52263]
CNプレイガイド 0570-08-9990
イープラス https://eplus.jp/otonowa/
ロームシアター京都 075-746-3201
otonowa 075-252-8255 ※電話予約のみ
備考
未就学児童入場不可

共催:公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団(京都コンサートホール)/京都市
牛田智大 オフィシャル・サイト(ユニーバサル ミュージック)
お問合せ
otonowa 075-252-8255

2012年春、日本人ピアニストとして史上最年少CDデビューを果たした牛田智大(うしだ・ともはる)。以来8年、日々研鑽を重ねつつ精力的な音楽活動を展開、さらには2018年の浜松国際ピアノコンクール(日本人歴代最高位2位受賞)等へ参加と、ピアニストとして、また一人の人間として精神的・肉体的にも大きな成長を遂げてきました。
今年10月、21歳の誕生日を迎える彼には、繊細な表現力から紡ぎ出される美しい音色や豊かな音楽性に加え、大人としての力強さが増し、その魅力をさらに高めつつあります。
3年振りとなる京都公演、今回はバッハ:イタリア協奏曲をプログラム冒頭に置き、その後は牛田智大の代名詞とも言うべきショパン作品をたっぷりとお楽しみ頂きます。
ショパンは「24の前奏曲」に代表されるようにバッハを敬愛し、その作曲技法に大きな影響を受けました。ショパンがピアニストとして自作の演奏会を開くときは、今回の様に必ず冒頭にバッハの曲を演奏したと伝えられています。
また、演奏されるショパン作品は、1839~1846年のショパン円熟期の傑作群です。この時期、ショパンは恋人ジョルジュ・サンドと共に夏はフランス中部の避暑地ノアンに滞在、サンドの献身的な愛情のもと創作に専念、この地で数多くの名作を生み出しました。
ピアノ音楽への飽くなき情熱、祖国ポーランドへの熱き想い、病魔との苦闘、サンドとの悲恋・・・短い生涯を音楽と共にドラマティックに駆け抜けたショパン。
“ピアノの詩人”ショパンを愛してやまない気鋭のピアニストが奏でる、“ノアンの夏”の名作にご期待ください。

[出演]
牛田智大(Pf)

[PROGRAM]
J.S.バッハ:イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV 971
ショパン:ノクターン 第16番 変ホ長調 op.55-2
ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 「葬送」 op.35
ワルツ 第5番 変イ長調 op.42
ポロネーズ 第6番 変イ長調 「英雄」 op.53

3つのマズルカ op.56
幻想曲 ヘ短調 op.49
バラード 第4番 ヘ短調 op.52
舟歌 嬰ヘ長調 op.60