Schedule公演スケジュール

通崎睦美 コンサート 「今、甦る! 木琴デイズ」 vol.13 ~アマリリスのある風景~

  • Facebookでシェアする
日時
2020年10月27日(火)
①13:00開演(12:40開場)Aプログラム ②15:00開演(14:40開場)Bプログラム
③17:00開演(16:40開場)Aプログラム ④19:00開演(18:40開場)Bプログラム
会場
京都文化博物館 別館ホール
料金
前売¥2,500 当日¥3,000
通しチケット¥4,000 〈①Aプロ+②Bプロ/②Bプロ+③Aプロ/③Aプロ+④Bプロ/①Aプロ+④Bプロ〉
(全自由席/消費税込)
※通しチケットは販売期間を終了致しました。
発売日
発売中
発売場所
チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:188-078]
otonowa 075-252-8255 ※電話予約のみ
備考
未就学児童入場不可

主催・企画:通崎睦美
通崎睦美 オフィシャル・サイト「通崎好み製作所」
お問合せ
otonowa 075-252-8255

「アマリリスのある風景」
往年の名木琴奏者・平岡養一(1907-1981)が愛用した1935年アメリカ製の木琴を演奏するようになって、15年が経ちます。当初より、軽やかで華やかな音を響かせるこの楽器の音色が引き立つ楽曲を探しながら演奏活動をしてきました。
そんなレパートリー開拓の一つに「アマリリス・プロジェクト」があります。色々な作曲家の方に「平岡養一の愛奏曲である「アマリリス」を題材に、木琴のための曲を作ってください」と作曲を委嘱するものです。これまでに「アマリリス」を題材にした木琴のための作品が8曲誕生しました。今回は、その中から3曲。そして、この日新たに加わる新曲2曲に平岡養一版、さらには平岡版ギター伴奏ヴァージョンを加え、7つの異なる「アマリリス」をお聴きいただきます。愛らしく素朴なメロディが「木琴用」としてどのように料理されているか、ご期待いただければと思います。今回は、新型コロナウイルス感染防止対策として、休憩なし60分の4回公演でAとB、2つの異なるプログラムをお届けします。Aプロでは、vol.12にご出演、ご好評いただいた柴田高明さん(マンドリン)と永田参男さん(ギター)を再びお招きし「アマリリスを囲む時間」と題して「アマリリス」を中心に据えたプログラムを、Bプロは、「アマリリスのある風景」をイメージし、様々なアマリリスを散りばめたプログラムを、本シリーズ3回目のご出演、作品も提供していただく松園洋二さんとのデュオで演奏します。1960年代、マリンバの台頭に抗うよう、木琴のための佳曲を求め苦心した平岡養一の活動にも思いを馳せながら、「演奏」と共に、熟手の「作・編曲」もお楽しみください。
(Message by 通崎睦美)

[出演]
通崎睦美(木琴)
ゲスト:柴田高明(マンドリン/Aプロのみ)/永田参男(ギター/Aプロのみ)
松園洋二(ピアノ/Bプロのみ)

[PROGRAM]
〈Aプログラム〉アマリリスを囲む時間
伊左治直:踊子の紅い花 ~木琴と奏者の声のための~〈初演〉 (木琴)
林光:「ピアノの本」より (木琴+マンドリン)
モンティ/藤井敬吾編:チャールダシュ (木琴+ギター)
ヴァイル/永田参男編:ユーカリ (木琴+ギター)
ギース/永田参男編:アマリリス (木琴+ギター)
アイルランド民謡/野田雅巳編:庭の千草 (木琴+ギター)
アルトホッフ:舞踏の夢 (マンドリン+ギター)
ヴァイル/野田雅巳編:快適な生活のためのバラード (木琴+マンドリン+ギター)
林光/野田雅巳編:グランド電柱 (木琴+マンドリン+ギター)
ドビュッシー/野田雅巳編:バレエ ~「小組曲」より (木琴+マンドリン+ギター)

〈Bプログラム〉アマリリスのある風景 (木琴+ピアノ)
モンティ:チャールダシュ
クライスラー:ルイ13世の歌とパヴァーヌ
当摩泰久:アマリリス
ギース/平岡養一編:アマリリス
野田雅巳編:アマリリス
池上敏:アマリリス・ラプソディ〈初演〉
モシュコフスキー:スペイン舞曲 第1番
フォスター/松園洋二編:金髪のジェニー
ヴェルディ/松園洋二編:歌劇「椿姫」より
松園洋二:鐘になったアマリリス ほか

(順不同)※公演時間:60分(休憩無し)