Schedule公演スケジュール

落語界に新風を吹き込む期待の真打!

柳亭小痴楽 独演会 ~小痴楽ヒットエンドラン~

  • Facebookでシェアする
日時
2021月5月30日(日)14:00開演(13:15開場)
会場
京都府立府民ホール「アルティ」
料金
後日発表
発売日
後日発表
発売場所
後日発表
備考
未就学児童入場不可

制作協力:ラルテ

[お客様へのお願い]
入場時、また場内ではマスクの常時着用をお願い致します。入場時の検温、手指消毒にご協力下さい。平熱より1度以上、または37.5度以上の発熱がある方は、ご入場をお断り致します。
出演者への入待ち、出待ち、面会はご遠慮下さい。また手紙、花、楽屋見舞い等はお預かり出来ません。
柳亭小痴楽 オフィシャル・サイト
柳亭小痴楽 Twitter
お問合せ
otonowa 075-252-8255

一昨年9月に真打昇進を果たした柳亭小痴楽。彼が所属する落語芸術協会の噺家としては、桂米福以来15年ぶりの単独昇進という快挙となり、大きな話題を呼びました。
小痴楽はこれまでも寄席は無論のこと、自主公演や勉強会等に精力的に取り組むほか、落語芸術協会の二ツ目11人で構成されたユニット「成金」の一員として活躍、講談師・神田松之丞(現:神田伯山)らと共に、昨今の二ツ目ブームを牽引する存在として人気と注目を集めてきました。
江戸っ子らしい粋で切れのある口跡と天性の華やかさは彼の持ち味。コロナ禍の影響により、2度の延期・中止を経て3度目の正直となる京都初独演会、どうぞご期待ください!

○柳亭小痴楽(りゅうてい・こちらく)
1988年、五代目柳亭痴楽の次男として、東京に生まれる。2005年10月、二代目桂平治(現:桂文治)へ入門(「桂ち太郎」で初高座)。
2008年6月、父・痴楽の門下に移り「柳亭ち太郎」と改める。2009年9月、痴楽没後、柳亭楽輔(痴楽の弟弟子)門下へ。同年11月、二ツ目昇進を期に「三代目 柳亭小痴楽」を襲名。2019年9月、真打昇進。
「第22回 北とぴあ若手落語家競演会」奨励賞受賞、「平成27年度・28年度 NHK新人落語大賞」ファイナリスト。

[出演]
柳亭小痴楽
ほか

※演目は当日発表