Schedule公演スケジュール

吉例、京都・春の独演会!

春風亭一之輔 春爛漫京都独演会

  • Facebookでシェアする
日時
2021年4月25日(日)○昼の部13:00開演(12:15開場) ○夕の部17:00開演(16:15開場)
会場
京都府立府民ホール「アルティ」
料金
¥3,600 (全席指定/消費税込)

当公演の1階最前列は〈2列目〉です。

ご購入の際は、氏名と電話番号を必ずご登録下さい。
来場者から新型コロナウイルス感染者が発生した場合、登録された情報は保健所等の公的機関へ提供されます。予めご了承下さい。
発売日
発売中
発売場所
チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:504-563]
ローソンチケット https://l-tike.com/ [Lコード:54974]
CNプレイガイド 0570-08-9999
イープラス https://eplus.jp/otonowa/
京都府立府民ホール「アルティ」 ※窓口販売のみ
otonowa 075-252-8255 ※電話予約のみ
備考
未就学児童入場不可

制作協力:いがぐみ

[お客様へのお願い]
入場時、また場内ではマスクの常時着用をお願い致します。入場時の検温、手指消毒にご協力下さい。平熱より1度以上、または37.5度以上の発熱がある方は、ご入場をお断り致します。
出演者への入待ち、出待ち、面会はご遠慮下さい。また手紙、花、楽屋見舞い等はお預かり出来ません。
※ご来場前にこちらもご一読ください → 「ご来場に当たりお客様へのお願い」
春風亭一之輔 オフィシャル・サイト
春風亭一之輔 Twitter
春風亭一蔵 オフィシャル・サイト
お問合せ
otonowa 075-252-8255

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)は、2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門(前座名:朝左久)。2004年、二ツ目に昇進し、「一之輔」と改名。二ツ目時代からその秀でた口跡は注目を集め、2012年、当時の落語協会会長、人間国宝・柳家小三治に“久々の本物”と言わしめ、会長の強い推薦により異例の21人抜きの大抜擢で真打に昇進。古典のスタイルを守りながらも卓越したテクニックと現代的なセンスで演出された独自の落語は幅広い層から支持され、今や最もチケットの取りにくい落語家の一人として人気を博しています。今回の独演会も怒涛の昼夕2回公演、どうぞご期待ください!

[出演]
春風亭一之輔
春風亭一蔵

※演目は当日発表(昼の部・夕の部で演目は異なります)

[INFORMATION]
○新刊「まくらが来りて笛を吹く(著・出演:春風亭一之輔)、好評発売中!
(朝日新聞出版 ISBN:9784023319288 税込¥1,750)
人気噺家・春風亭一之輔の最新エッセイ集。落語の本題に入る前に話すフリートーク「まくら」のように、巷で噂のあの話、この話について本音でつづります。
先輩噺家・春風亭昇太の結婚についてつづった「遅すぎ婚」、あの不倫離婚で世間を騒がせた俳優についてつづった「共演者」、自身の持ちネタの長所、短所についてつづった「レギュラー」、入部後すぐに退部したラグビー部なのに、ワールドカップで経験者としてのコメントを求められてしまった際の気持ちをつづった「ラグビー」など。合計122本の思わず納得、つい吹き出すエッセイを収録。