公演スケジュール

300年を超える歴史と伝統を誇るアメリカ名門大学の合唱団が来日!

ウィリアム・アンド・メアリー大学合唱団
&ボトトート室内合唱団

William & Mary Choir and Botetourt Chamber Singers

日時

2020年5月25日(月)7:30PM開演(7:00PM開場)

会場

京都コンサートホール(小ホール)

料金

無料 (全自由席) ※要申込み

発売日

申込み受付中

発売場所

[お申込み方法]
参加ご希望の方は、往復はがきにてお申込みください。往復はがきの返信表面に申込者の郵便番号、住所、
氏名を、往信裏面に申込者の①氏名(ふりがな)、②郵便番号・住所、③電話番号、④参加人数(4名まで)
を明記の上、下記送付先までお送りください。
申込多数の場合は抽選となります。発表は返信はがきの発送をもって代えさせていただきます。
なお、発送は2020年5月中旬を予定しております。(当選の場合は、返信はがきが入場整理券となります)

※申込可能人数は4名までです。(複数の場合は同時入場をお願いします)
※未就学児童の入場・同伴はお断りします。(小学生の場合は、保護者とお申込みください)

送付先(往信表面):〒604-8241京都市中京区釜座町22 ストークビル三条烏丸301 オトノワ 合唱係

備考

未就学児童入場不可

後援:公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団/京都府合唱連盟

リンク

ウィリアム・アンド・メアリー大学合唱団 オフィシャル・サイト(英文)
ウィリアム・アンド・メアリー大学ボトトート室内合唱団 オフィシャル・サイト(英文)
ウィリアム・アンド・メアリー大学合唱団歌唱 聖歌「サルヴェ・レジーナ」 YouTube
ウィリアム・アンド・メアリー大学 オフィシャル・サイト(英文)

お問合せ

otonowa 075-252-8255

500名様ご招待!

ウィリアム・アンド・メアリー大学は、アメリカ合衆国東海岸のバージニア州ウィリアムズバーグに位置する公立大学です。1693年の創立以来、3人の大統領を始め各界へ多数の人材を輩出、植民地時代から建国、また現在に至るまでアメリカの発展に大いに寄与してまいりました。今回来日する同大学学生による2つの合唱団は、3年毎に文化交流を目的に海外公演を行っており、2020年は日本・韓国を訪問、京都でも公演を開催する事となりました。
初となる日本公演では、アメリカ各地や地元バージニア州の伝承曲、スピリチュアル、クラシック合唱曲、宗教曲などを披露いたします。
※公演時間:約1時間(休憩無し予定)

[出演]
ウィリアム・アンド・メアリー大学合唱団(指揮:ジェームス・アームストロング)
ウィリアム・アンド・メアリー大学ボトトート室内合唱団(指揮:ジェイミー・バートレット)

[主な演奏候補曲](順不同)
~バージニアの精神とアメリカの伝統~
スピリチュアル(ホール・ジョンソン編):I Couldn’t Hear Nobody Pray
ジェームス・エルブ:And Peace at the Last: An Anthem for Evening
アパラチア地方の伝承曲(ショーン・キルヒナー編):Bright Morning Stars
スピリチュアル(ジェームス・マカロック編):He’s the Lily of the Valley
スピリチュアル(モーゼス・ホーガン編):Walk Together Children
セイクレッド・ハープ(ア・カペラによるアメリカ南部の伝統的歌唱法)のオリジナル曲より改作:Wondrous Love
アメリカ伝統の船員労働歌(ジェームス・エルブ編):シェナンドー
リチャード・バーチャード:ドリームランド (詩: クリスティーナ・ロセッティ)
マイケル・ブセビッツ・クォーム:Nigra Sum (旧約聖書「雅歌」より)
アルバート・E・ブラムリー(ショーン・キルヒナー編): I’ll Fly Away (アメリカ南部の讃美歌)

~ヨーロッパの曲から~
〈フランス〉 クロード・ドビュッシー:シャルル・ドルレアンの3つの歌
〈ラトビア〉 エリクス・エセンヴァルズ:Long Road (詩: ポーリーナ・バルダ)
〈ラトビア〉 ペトリス・ヴァスクス:沈黙の果実
〈ラトビア〉 アドルフ・アベル:Astral Choir
〈エストニア〉 アルヴォ・ペルト:And I heard a voice ... (聖書「ヨハネの黙示録」より)
〈イギリス〉 トーマス・モーリー:燃えろ、燃えろ、私の心 (5声のパレット 第1集 第14曲 )
〈ドイツ〉 フェリックス・メンデルスゾーン: Mein Herz, erhebet Gott, den Herrn (3つのモテット op.69-3/聖書「ルカによる福音書」より)

~日本、韓国との友好~
ジャクソン・ヒル: 秋の声 (猿丸大夫の和歌〈古今和歌集/小倉百人一首〉より)
鈴木輝昭: 無伴奏混声合唱のための「二枚のはがき」 (詩:谷川俊太郎)
ヒヨウォン・ウー: Jubilate Deo

当サイトに掲載されている画像・文章等著作物の無断転載を禁じます

ページトップへ