公演スケジュール

木琴×箏&アコーディオン!

通崎睦美 コンサート

「今、甦る! 木琴デイズ」 vol.8 ~アンコールⅠ~

日時

2017年10月26日(木)①2:00PM開演(1:30PM開場) ①7:00PM開演(6:30PM開場)

会場

京都文化博物館 別館ホール

料金

前売¥3,500 当日¥4,000
学生:前売¥1,500 当日¥2,000
(全自由席/消費税込) ※学生券は30枚限定

発売日

発売中

発売場所

チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:332-208]
ローソンチケット 0570-00-0407/0570-08-4005 [Lコード:54381]
CNプレイガイド 0570-08-9990
イープラス http://eplus.jp/otonowa/
髙島屋京都店7Fチケットショップ ※店頭販売のみ
大丸京都店7F商品券売場 ※店頭販売のみ
otonowa 075-252-8255 ※電話予約のみ

備考

未就学児童入場不可

企画:通崎睦美

リンク

通崎睦美 オフィシャル・サイト
西陽子 オフィシャル・サイト
大田智美 オフィシャル・サイト

お問合せ

otonowa 075-252-8255

拙著『木琴デイズ平岡養一「天衣無縫の音楽人生」』(講談社)を音楽で巡る本シリーズ。 vol.8の今回は「アンコール Ⅰ」と題してこれまでのシリーズで人気の高かった楽器、楽曲をとりあげ、また違った編成でのアンサンブルをお聴きいただきます。ゲストは、 vol.3「ニッポンを奏でる」でご登場いただいた箏の西陽子さん。従来の箏のイメージを覆す目を見張る技巧と軽やかな歌心に多くの方が釘付けとなりました。今回、箏と木琴と共にアンサンブルを繰り広げるもう一つの楽器は vol.4「オンガクの時間」に登場のアコーディオンです。蛇腹楽器にも、アコーディオン、バンドネオン、コンサーティーナなど、時代や国で様々なタイプの楽器が存在し、またアコーディオンにも多種多様のスタイルがあるというお話をうかがいました。今回は、右に 92個、左に 120個、計 212個のボタンを有するドイツ製アコーディオンを操る大田智美さんにお越しいただきます。
3人のアンサンブルでは「ルネサンスの歌と舞曲」や、東欧の音楽を。箏と木琴による「春の海」、アコーディオンと奏でるピアソラ作品の他、クラシックから映画音楽まで幅広いレパートリーをお聴きいただきます。辰野金吾、長野宇平治設計、旧日本銀行京都支店(明治 39年竣工)の歴史的建造物で奏でる個性的なアンサンブルをお楽しみください。
(Message by 通崎睦美)

[出演]
通崎睦美(木琴)
ゲスト:西陽子(箏)/大田智美(アコーディオン)

[演奏予定曲] ※順不同
平野一郎:「鳥ノ遊ビ」より 〈木琴ソロ〉
沢井忠夫:「甦る五つの歌」より その3 〈箏ソロ〉
当摩泰久:ため息 〈アコーディオンソロ〉
宮城道雄:春の海 〈木琴+箏〉
ロジャース/西邑由記子編:エーデルワイス 〈木琴+箏〉
神田佳子:SとMのボレロ 〈木琴+箏〉
モンティ:チャールダシュ 〈木琴+アコーディオン〉
ネッケ:クシコス・ポスト 〈木琴+アコーディオン〉
バッハ/林光編:3声のインヴェンション~「インヴェンションとシンフォニア」より 〈木琴+アコーディオン〉
バルトーク:ルーマニアン・ダンス 〈木琴+アコーディオン〉
ピアソラ:ナイトクラブ1960「タンゴの歴史」より 〈木琴+アコーディオン〉
野田雅巳編:ルネサンスの歌と舞曲 〈木琴+箏+アコーディオン〉
ピアソラ/野田雅巳編:リベルタンゴ 〈木琴+箏+アコーディオン〉
伝承曲/野田雅巳編:フライラッハ 〈木琴+箏+アコーディオン〉

※公演時間:約90分(休憩無し)

当サイトに掲載されている画像・文章等著作物の無断転載を禁じます

ページトップへ