公演スケジュール

京都文博 噺の会 Vol.8

神田松之丞

独演会

日時

2018年3月24日(土)2:00PM開演(1:30PM開場)

会場

京都文化博物館 6階和室

料金

前売¥2,300 当日¥2,500 (全自由席〈畳席〉/消費税込)

発売日

発売中

発売場所

チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:482-540]
ローソンチケット 0570-08-4005 [Lコード:52876]
CNプレイガイド 0570-08-9999
イープラス http://eplus.jp/otonowa/
髙島屋京都店7Fチケットショップ ※店頭販売のみ
大丸京都店7F商品券売場 ※店頭販売のみ
otonowa 075-252-8255 ※電話予約のみ

備考

未就学児童入場不可

リンク

神田松之丞 オフィシャル・サイト

お問合せ

otonowa 075-252-8255

いつもは、東西問わず選りすぐりの噺家の口演をお楽し頂いております「京都文博 噺の会」ですが、今回は話題の講談師・神田松之丞(かんだ・まつのじょう)が当会に初登場いたします。
講談は、主に戦や歴史に因んだ読み物を聞かせる話芸で、講談師は言わば“ストーリー・テーラー”。
1983年東京生まれの神田松之丞は、2007年に三代目神田松鯉に入門、2012年に二ツ目昇進。若手では驚異的な130を超える持ちネタを武器に、“硬く難しい”という講談の固定観念を根底から破壊する、迫力と笑いあふれる熱い高座で注目を集め、最近では落語芸術協会の二ツ目11人による人気ユニット「成金」でも活躍中です。
京都では初の独演会、松之丞の“語りのパワー”をたっぷり三席(予定)、お楽しみください。

[出演]
神田松之丞

※演題は当日発表

[INFORMATION]
○著書「絶滅危惧職、講談師を生きる」(神田松之丞 著、杉江松恋 聞き手)、10/31発売
(新潮社 税込¥1,620)
今、最もチケットの取れない講談師は、なぜ滅びかけの芸を志したのか。かつて落語を凌ぐ人気があった講談も、戦後存続を危ぶまれるほど演者が減り、現在、一人気を吐くのが、二ツ目の神田松之丞である。張り扇片手に堅苦しい高座へ新風を吹き込む革命的芸道論。

○初CD「松之丞 講談 -シブラク名演集-」、好評発売中!
(SONY MUSIC MHCL-2695~MHCL-2696 ¥2,778+税)
講談界に突如現れたニュースター神田松之丞。若い演者が新たなファンを巻き込みブームを巻き起こす「渋谷らくご」での高座を、旧来のイメージを突き破る勢いそのままに初CD化。講談の魅力と可能性を詰め込んだ作品。(2CD、解説ブックレット付)

当サイトに掲載されている画像・文章等著作物の無断転載を禁じます

ページトップへ