公演スケジュール

京都文博 噺の会 Vol.11

玉川太福

独演会

日時

2019年6月22日(土)2:00PM開演(1:30PM開場)

会場

京都文化博物館 6階和室

料金

前売¥2,800 当日¥3,000 (全自由席〈畳席〉/消費税込)

発売日

2019年2月16日(土)10:00AM発売

発売場所

チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:491-975]
ローソンチケット 0570-08-4005 [Lコード:57374]
CNプレイガイド 0570-08-9999
イープラス http://eplus.jp/otonowa/
髙島屋京都店7Fチケットショップ ※店頭販売のみ
大丸京都店7F商品券売場 ※店頭販売のみ
otonowa 075-252-8255 ※電話予約のみ

備考

未就学児童入場不可

リンク

玉川太福 オフィシャル・サイト(兼ブログ)
玉川太福 Twitter

お問合せ

otonowa 075-252-8255

演芸界のワンダーボーイ、浪曲師・玉川太福!

京都・三条高倉に位置する京都文化博物館。「京都文博 噺の会」は、その6階和室を会場に、東西問わず選りすぐりの演者の口演をお楽しみ頂く話芸の会です。今回は、東から浪曲師・玉川太福(たまがわ・だいふく)が初登場。玉川太福は、2007年、二代目玉川福太郎に入門、同年浅草木馬亭にて初舞台、2013年、木馬亭にて名披露目興行を開催。「天保水滸伝」「清水次郎長伝」など古典演目を継承する一方、 新作浪曲にも積極的に取り組み、浪曲界のみならず演芸界に新風を吹き込む逸材として注目を集めています。
話芸には落語・講談・浪曲と大きく3分野ありますが、それぞれ「話す」、「読む」に対して、“節”(歌)と“啖呵”(セリフ)によって「語る」芸とされる浪曲。その演目の多くが講談と重複しますが、決定的な違いは、浪曲は「曲師」という三味線奏者と一緒に演じる事です。太福曰く、“三味線伴奏つき一人ミュージカル”。
初となる京都での独演会、古典・新作を交えた3席、玉川太福の浪曲の世界を存分にお楽しみください。

[出演]
浪曲師:玉川太福
曲師:玉川みね子

[演目]
「清水次郎長伝 石松代参」ほか(古典・新作含む計3席予定)

[INFORMATION]
○CD「浪曲 玉川太福の世界」古典編・新作編、2枚同時リリース!(ソニー・ミュージック・ダイレクト「来福」レーベル)
古典編(MHCL-2791/税込¥2,300)
1.若き日の大浦兼武 2.青龍刀権次(二) 召し捕り 3.天保水滸伝 鹿島の棒祭り
新作編(MHCL-2792/税込¥2,300)
1.地べたの二人 おかず交換 2.地べたの二人 道案内 3.地べたの二人 配線ほどき 4.地べたの二人 湯船の二人

当サイトに掲載されている画像・文章等著作物の無断転載を禁じます

ページトップへ